-次の世代に引き渡せる社会的な資産としての価値を深めた住まいづくり-

私たちが目指すのは、質の高い住宅をつくり、それをストックし、世帯や世代を超えて長く大切に使って頂くことです。

かつて日本の住宅政策は、「量」の確保を追求していました。と言うのも、戦後の日本では、大都市に人口が集中したため420万戸もの住宅が不足していたからです。
住宅の「量」を確保するために、政府は、昭和41年(1966年)に「住宅建設計画法」とそれに基づく「住宅建設五箇年計画」を策定しました。
ようやく住宅戸数の不足が解消されたのは昭和50年代になってからです。高度経済成長が終わり、やっと大都市への人口流入が減少しました。 「量」が充足されることで、今度は住宅の「質」の問題が注目され始めました。
そこで従来まで行われてきた、取り壊しては建て直すという住宅供給の流れから、質の高い住まいに長く住む、という時代へとなったのです。

万洋商事の5つの事業

私たちは 「快適な住空間づくりのお手伝い」
を合い言葉に、最適の資材・施工をご提案します。