メトローズ

左官用モルタル混和材

普通セメントに混ぜ合わせて利用するだけでコテを使った作業の作業性が向上します。ぜひ一度お試しください。
hiメトローズは、こて塗り作業性の改善や保水性の向上などに抜群の効果を発揮し、左官工事やタイル工事に広く使用されています。薄塗り工法やタイル直張り工法では、接着増強剤と一緒に使用するなど、その特徴を生かして建築仕上げ工事のあらゆる分野に採用されています。

セメント・しっくい(25キロ)に1~2袋混和することで、コテ作業の作業性向上、良好な作業性が得られ、亀裂の防止・下地との接着性を改善し、下地やタイル裏足への食い込みが向上します。

特徴
1. 高い純度、安定した品質
充分な品質管理体制のもと、工場生産されているため、純度が高く品質が安定しています。
2. 良好な作業性
適度な空気連行性と可塑性により、良好な作業性が得られます。
3. 高い保水性
急激な乾燥や吸水に伴うドライアウト現象や初期収縮による亀裂を防止し下地との付着性を改善します。
4. ブリーディングの低減
高い保水性によりブリーディングが少なくなり、均質で緻密なモルタルとなります。
5. 高い可塑性
可塑性が改善されるため、下地の凹凸やタイルの裏足へのモルタルの食い込みが良好となります。

使用用途&効果
1. 左官モルタル
こて塗り作業性の改善と保水性の向上により収縮亀裂が減少。
2. タイル貼りつけモルタル
可塑性・保水性が向上し、タイルの密着性が改善される。
3. ALC目地充填モルタル
保水性の向上によりALCへの付着力が向上し収縮亀裂も減少。
4. 漆喰
軟度の経時変化が少なく、練り置きが可能。
5. 石膏プラスター
作業性が良く、単位時間あたりの施工面積が大幅に増加します。
6. ポンプアップモルタル
ブリーディングなどの材料分離がなく、均一なモルタルが圧送できる。