キッチンリフォームのポイント

キッチン



「キッチン」では、ダイニングやリビングと
       どう繋がっているかで、調理のスタイルや
             くつろぎ方が大きく変わります。

   家族みんなが集まる空間だからこそ、
      コミュニケーションに配慮した
         レイアウトやスタイルを検討しましょう!

■吊り戸棚

吊り戸棚の材質の種類は、大半がステンレスか、(化粧板を含む)木製製品、その他、ホーロー製のものもあります。 最近は開き扉タイプに加え、引き戸、上下開閉、フラップなどデザインやサイズも豊富になりました。
ホーロー製のものは柄入りもあり、高級感が欲しい方には最適でしょう。 ただし、商品種自体が少ないため、サイズなどのバリエーションについては、ステンレスや木製を選ぶほうがはるかに選択肢が増えます。

【選ぶ際のポイント】

吊り戸棚を選ぶ際には、収納する予定のものを一度、一覧表などに整理してみることをおすすめします。そうすれば、必要な吊戸棚のサイズに検討がつきますので、 むやみに大きな吊り戸棚を設置するということもなくなります。

■レンジフード

ファンのタイプにはプロペラファンとシロッコファンがあります。

【シロッコファン】

シロッコファンは天井や壁の中に配置したダクト(=管)を通じて排気・給気するタイプです。換気扇と異なり壁から離れた位置にも付けられます。
ただし、キッチンリフォームにダクトの配管工事を含むことになるため、工事自体が大きくなる場合もあります。

【プロペラファン】

フード内部にプロペラがあって換気扇が進化した形となっているのがプロペラファン。排気・給気性能はシロッコファンよりも劣りますが、壁付けタイプのため、 設置工事が比較的簡単になります。

■キッチンパネル

以前は、掃除のし易さと耐火性によって「タイル」が大勢派だった台所のコンロ周辺の壁材。そのタイルに代わって、このところ急速に普及しているのが「キッチンパネル」です。
メラミン、ホーローなど素材・色柄も多彩となってます。

【アイランドキッチンの場合のポイント】

ダイニングの中に置かれるアイランドキッチンの場合、他のスタイルのキッチンとは一線を画して考える必要があります。
なにしろ360度から見られることを考えなければなりませんから。
それだけに、デザイン性も大事なら、日々の掃除のし易さも大切。 アイランドキッチンにリフォームするなら、キッチンパネル選びは慎重にも慎重を期しましょう。

■コンロ

コンロには、ガスコンロとIHコンロがあります。

【ガスコンロ】

最新式のガスコンロは吹きこぼれ防止をはじめ、安全対策も多様に施されています。
3ッ口のグリル付きガスコンロが主流で、プレートが広いガラストップタイプは五徳をはずすだけで簡単に汚れをふき取ることができるため、最近人気となっています。

【IHコンロ】

IHコンロの大きな特長は炎が出ない点にあります。そのため、空気が汚れない、安全などの点で特に小さなお子様や高齢の方がおられる家庭で注目を集めていますが、 鉄ホーロー・鉄鋳物・ステンレスなど、一部の調理器具しか使えません。

【選ぶ際のポイント】

使い慣れている調理器具を使い続けたい、という方は、ガスコンロが賢い選択でしょう。高齢の方など、安全面を重視される場合はIHコンロとなります。

■水栓

基本的にはシングルレバー式がスタンダード。最近は蛇口がシャワー状態にもなるものも多く登場しています。
ふだんは水栓部に収納されているハンドシャワーが必要に応じて伸ばせるもので、大きな食器を洗う際に便利なほか、シンクの隅々まで洗い易い点が評価されています。
一方、節水対策の点で注目されているのが、蛇口の下に手をかざすと自動的に水が出るセンサー付きのタイプ。
このセンサータイプは後付けできるものもありますが、 蛇口の機種によっては設置が難しい場合もありますので、後付けを考える際には、あらかじめそれが可能かどうかを確認しておく必要があります。

【おすすめ】

節水にはセンサータイプの他、タッチスイッチも人気が高まってきています。手前側のボタンを押すだけで良いので、小さなお子様や手の不自由なかたでも使い易いためです。
フットスイッチも同じ理由で採用されていますが、脚で操作できるため、使い勝手の面ではおすすめです。

■ワークトップ

材質は「ステンレス」や、カラーが豊富な「人工大理石」が人気素材。ほかに天然石、メラミン、ガラス調カウンターなどもあります。
選ぶ際に一番重要なのは高さです。低すぎて常に体を折り曲げる体勢は、腰に大きな負担がかかります。高すぎても奥のほうが遠く感じます。

一般的に最適とされるのは[身長÷2+5cm(体型によっては身長÷2+5~10cm)]の高さです。

ワークトップ自体は少し高いぐらいが楽、と言われますが、高齢の方の場合は、逆に少し低めのほうが良いとも言われます。 また、3つ口コンロの奥のコンロの使い勝手や、水切りの位置なども判断材料にしましょう。

【選ぶ際のポイント】

調理・準備スペースはご自分の作業を思いだしながらベストなサイズを判断してください。

■シンク

シンクの材質はシステムキッチンの場合、大半がステンレスシンクですが、石製やタイル製などの個性派シンクもあります。
また、コンパクトなのに中華鍋が洗える形状や、洗剤ポケット付き、水ハネ音を軽減したものなど機能的な商品が充実しています。

【選ぶ際のポイント】

シンク選びでは、例えば、洗剤もどちらにあるほうが使いやすいとか、日頃の癖を確認しましょう。使い勝手の違いが意外にわかります。 洗剤やスポンジの置き場、排水口の位置なども確認しておきたいポイントです。単純に排水口といっても、中央にあるものと、 左右どちらか端に寄っているものでは、けっこう使い勝手が違ったりするものです。

■ビルトイン機器

好評の「食器洗い乾燥機」や「コンベック・オーブンレンジ」などをベースキャビネットにセットできます。
食器洗い乾燥機は食器洗浄の方法も、最近の機種は多彩にあります。強い水圧で洗うもの、スチームを活用するもの、泡で洗浄するものなど、 それぞれに特性がありますので、どのメーカーのどんな機種がどんな汚れに強いか、確認しましょう。

【選ぶ際のポイント】

食器洗い機を使っている方の意見で意外に大きなチェックポイントとなっているのが作動音です。この作動音はどの機種でも明示されていますから キッチンと他の部屋との関係を考えて選んでください。

■ベースキャビネット

「開き扉」と「引き出し」タイプの2種があり人気なのは後者。どちらも扉の面材が豊富なので好みの色柄を選べます。

■収納ユニット

キッチンの横や背面に設置する収納ユニット。デザイン性に加え、多様な収納物に対応できる機能が魅力。

■リフォーム全般

キッチンをプランニングするときには、コミュニケーションへの配慮が重要なポイントになります。ダイニングやリビングはもちろん、家中の気配がわかるようにしたいものです。
ただし、リフォームの場合、キッチンの位置や部屋の配置を変える事は、建物の構造上の制約や予算との兼ね合いも配慮が必要です。
今のスタイルが「壁付け型」や「クローズド(独立型)」なら、リビング・ダイニングに向かって料理をする「対面式」に変更するのがおすすめです。 料理中でも会話ができるし、リビングのテレビを一緒に見れば会話が弾みやすくなります。
ダイニングでの食事中や、リビングでくつろいでいるときの子どもの様子がわかりやすいというメリットもあります。

【特に配慮したいポイント】

キッチンと他の部屋・玄関・階段との位置関係にも、必ず配慮をしましょう。 玄関あるいは廊下を見通しやすい位置にキッチンを配置できれば、家事をしながら子どもの外出や帰宅の様子もわかりやすくなります。

キッチンの基礎知識

◆まず知っておきたいこと◆

システムキッチンには、I型、L型、対面式など、様々なプランがあり、それぞれ構造によってはリフォームが難しい場合や、給湯、給水管や下水管の移設工事が必要となって、床、壁、天井の工事も発生する場合があります。

   !!まず始めに「キッチンリフォームの流れ」でリフォームの進め方を確かめて、
     プラン作りに必要なことや工事のチェックポイントを確かめましょう。!!


リフォームの流れは、大きく以下の3つにわかれます。

  「自分たちでする」・「リフォーム会社と一緒にする」・「リフォーム会社に任せる」

どの時期に、誰が何をしないといけないのか事前に準備しましょう。

焦ってやり残しがないように早めに全体スケジュールの把握をしておくことが大切です。

リフォームの流れ

キッチン周りのサイズを図ってみる  プロに相談する
要望をかためる           工事上のチェックポイント

●キッチン周りの寸法をはかってみる

リフォームキッチン1 キッチンプランを変更する場合には、「現在の間口」を知っておく必要があります。 また、対面キッチンに変更する場合には、通路幅を新しく確保しなくてはなりません。

カウンターは、現在のキッチンよりどのくらい広くしたいのか、調理、水切り、配膳・家電スペースをそれぞれどのくらい取りたいのか、幅だけでなく奥行きも関係してきます。

使いやすいキッチンにするためには、現状を知っておきましょう。



前へ戻る

●要望をかためる

キッチンは、暮らし方にあわせて、キッチンスタイルを考えたり、調理スペースや家事動線から使いやすいレイアウトを検討します。 ホームページやショウルームを活用して家族の要望を固めましょう。

・・・続きを読む

●プロに相談する

ご要望が固まったら、工事業者に相談をしましょう。  現場を見てもらい、収まり、取付や設置、キッチン周辺に関わる内装工事等についても、確認してもらいましょう。

リフォームキッチン1

【納まりのチェックポイント】

  1. 天井廻り縁に扉があたることがあります。
  2. 照明器具に扉があたることがあります。
  3. 窓が開かなくなることがあります。
  4. ドア枠がでていると引出が出せなくなります。
  5. 排水・給水・給湯・電気配線を変更することがあります。

【取付設置のチェックポイント】

  1. 商品的に見て、プランにムリはないか?
  2. 強度は十分あるか? 収納物は意外と重いので。
  3. 間口に納まるか?
  4. 壁、天井その他との納まりは適切か?
  5. 設備機器は取付できるか?
  6. 加熱機器・フード周辺のスペースは必要分あるか?

前へ戻る

●工事上のチェックポイント

  • シンクの位置を変えるなどの場所を移動するキッチンリフォームは、数日かかることがあります。数日間はキッチンが使えない場合もありますので確認しましょう。
  • 最近のキッチンカウンターの奥行きは65cmで、古いキッチンに比べて広くなっています。少しの差でも通路スペースが狭くなってしまうことがあります。
  • シンクの位置を変える場合は、排水、給水管の位置も変わります。排水管に関しては、床下に余裕がないと、移動できない場合がありますので、注意が必要です。
  • 電気コンセントの位置を変えると、天井内にある配線位置も変わるので、天井の張り替えが発生する場合があります。
  • ガスレンジの位置を変えると換気扇の位置も変わります。大きく変更すると、排気口まで遠くなってしまい、換気効率が変わる場合があります。
  • カウンターを搬入する際、通路や階段を曲がれなかったり、エレベータに入らない場合があります。搬入経路をきちっと決めておきましょう。

前へ戻る